【BIORACER】小川咲絵 選手(AX cyclocross team)にチャンピオンジャージをお届けしました!

BIORACER, BIORACER オーダージャージ, BIORACER お客様紹介, お知らせ・イベント, サポートライダー/チーム, レース情報

小川咲絵選手、全日本チャンピオンおめでとうございます。

祝福が大変遅くなり申し訳ございません!約一カ月前の1月15日、2022-23シーズンのシクロクロス全日本選手権2023が愛知県稲沢市の「国営木曽三川公園・ワイルドネイチャープラザ」で開かれ、女子エリートを小川咲絵 (AX cyclocross team)選手が初優勝を飾りました。本当におめでとうございます。

小川咲絵選手は全日本チャンピオンの後、すぐにオランダ南部のホーヘルハイデで開催された世界選手権女子エリートをフルラップ完走(23位)という好成績で収め凱旋帰国。

そして満を持して、2023年2月12日に5年ぶりに開催された「シクロクロス東京」にて、「BIORACER×AX cyclocross team」チャンピオンジャージの初お披露目となりました。

「シクロクロス東京」の砂場をメインとしたレースでもチャンピオンらしい圧巻の走りで見事に優勝を飾りました。これで小川選手は自身のシーズン目標「全日本選手権優勝、JCXシリーズ総合優勝、JCFシリーズ総合優勝、世界選手権完走」すべてを叶えることが出来ました。本当に素晴らしい結果おめでとうございます!

小川咲絵選手が所属するAX cyclocross teamは全国屈指の強豪シクロクロスチーム。今回小川選手並びにチームメンバーAX cyclocross teamの皆様が愛用しているのはBIORACER ICONコレクションの「56692・ICON CYCLO-CROSS LONG SLEEVE AEROSUIT」。

型 番:56692・ICON CYCLO-CROSS LONG SLEEVE AEROSUIT
価 格:32,800円(本体29,818/税2,982)
・トップ選手から高評価のスピードマスタースピードスーツの技術を応用して開発
・優れた撥水性、保温性、通気性、速乾性を発揮
・悪天候時や不整地でのレースでも雨や泥の付着を軽減
・長時間高いパフォーマンスをキープできるシクロクロススーツ
・幅広で伸縮性が高く、肌への刺激が少ないレッググリッパー採用

ICON CYCLO-CROSS LONG SLEEVE AEROSUITの特徴は、トップス部分の泥はけの良さと通気性・耐久性です。通常のロードレース生地よりもタフネス&クールネスに仕上がっている「BIORACER POWER EYELET」※1 を使用しており、悪条件が揃うようなハードコンディションでも選手のパフォーマンスを最大限に引き出します。

また、袖にはロードレーススーツに使用している「BIORACER AIRSTRIPE」※2を採用。ロードレースに比べ速度域が遅いとはいえ、僅かなエアロ効果によるマージナルゲインは侮ることが出来ません。ましてや、それが1分1秒を争う世界で戦う選手であればなおさらです。BIORACERは”勝つためのサイクルウェア”をコンセプトとしており、選手を全力でサポートしています。

小川選手、並びにAX cyclocross teamの皆様おめでとうございます。今後も引き続き、速く・強く・楽しい姿をレース会場で応援できることを楽しみにしております。

※1素材:BIORACER POWER EYELET
→ミクロの細かな穴が素早く水分を蒸発させ、優れた吸汗速乾性を発揮。また、優れた着心地に加えコンプレッション効果と撥水性も備えた素材です。悪天候時や不整地でのレースでも雨や泥の付着が軽減され、より優れたパフォーマンスを発揮することを可能にします。

※2素材:BIORACER AIRSTRIPE
→伸縮性と通気性に優れ、ストライプの織り模様が特徴のエアロ効果を発揮する素材です。ビオレーサーがスピードスーツの開発を始めた当初から、その代名詞ともいえる素材です。この生地をウェアの適切な位置に用いる事で、優れたエアロ効果を発揮することが可能になります。

BIORACER JAPANは今後もロードレースからシクロクロス、タイムトライアルやトライアスロンなど、全ての競技に対して”勝つためのサイクルウェア”を目標にサポートをさせて頂きます。

カスタムオーダーのご相談は随時承っていますので、ぜひご相談くださいませ。
お問い合わせはこちらから。