【BIORACER】全てのサイクリストに向けた2つの新サービスを発表

BIORACER, BIORACER オーダージャージ, お知らせ・イベント, メディア・プレスリリース


株式会社Clannote(本社:東京都渋谷区、代表取締役:和田智裕)BIORACER JAPAN(ビオレーサージャパン)は、全てのサイクリストに対してBIORACERをより身近に感じて貰えるように、そして全てのサイクリストがよりパフォーマンスを最大限に発揮するために、2つの新サービスを発表させて頂きます。

  1. 「エアロスーツ」全10モデルの最低ロットを3着へ
  2. 「Vapor pad」Size pad system(SPS)導入

これらは2023年2月13日19時より新サービスとして開始させていただきます。

今回の新サービスを展開するにあたり、BIORACER JAPANは国内トッププロサイクリスト及びアマチュアサイクリストの声を受け、膨大なデータベースを元に本国と長い期間調整を行いました。BIORACER本国もその熱意に共感し、日本国内のサイクリストの為に独自のサービスを展開するに至りました。

1.「エアロスーツ」全10モデル初回・追加最小ロット3着より受付

国内向けカスタムオーダーサイクルジャージで最も人気の高い「エアロスーツコレクション」10モデルの、初回発注並びに追加発注の際の最小ロットを5着→3着へと変更させていただきます。

withコロナの新たな生活様式の中でサイクリストのライフスタイルも変わり、ジャージが持つ役割も機能だけではなく、個性の主張・コミュニティの連携を示すツール、という側面がさらに強く・大切にされる時代となってきたように思います。BIORACERの場合、従来は「チーム」が主体となって「エアロスーツ」をカスタムオーダーされるお客様がほとんどでしたが、昨今ではチームに所属しない「個人」でも着用者が増え始めています。そしてwithコロナを経て小規模コミュニティの活発な活動が増え始め、BIORACERを選ばれる際に最小ロット5着がどうしてもネックとなっていることがわかりました。

BIORACER JAPANでは、常にお客様の声に耳を傾け国内サイクリストの取り巻く環境などを考慮した結果、最も人気の高い「エアロスーツコレクション」全10モデルの初回・追加発注の最低ロットを5着→3着へと変更することで多様なニーズに応え「カスタムオーダー」の敷居を低くし、少しでも身近な存在となるために新サービスの実施とさせていただきました。

対象モデル(画像左上から)

  • 56584・EPIC TOKYO GR+ ROAD RACE AEROSUIT 66,400円(税込)
  • 56597・EPIC BREEZE ROAD RACE SUIT 41,500円(税込)
  • 56580・EPIC ROAD RACE AEROSUIT 41,500円(税込)
  • 56471・EPIC TIME TRIAL LONG SLEEVE AEROSUIT 43,200円(税込)
  • 56680・EPIC ROAD RACE SUIT LONG SLEEVES 45,200円(税込)
  • 56590・ICON BREEZE ROAD RACE AEROSUIT 31,800円(税込)
  • 56591・ICON ROAD RACE AEROSUIT 30,000円(税込)
  • 56691・ICON ROAD RACE LONG SLEEVE AEROSUIT 32,000円(税込)
  • 56693・ICON TIME TRIAL LONG SLEEVE AEROSUIT 28,900円(税込)
  • 56692・ICON CYCLO-CROSS LONG SLEEVE AEROSUIT 32,800円(税込)
    ※ICONはオプション無しの価格です。

新規のお客様・既存のお客様、全ての発注においてスキンスーツコレクションのみ最低ロットが3着となりました。”勝つための”ビオレーサーウェアをぜひ体験くださいませ。
ご注文のお問い合わせはこちらから。

 

2.「Vapor pad」Size pad system(SPS)導入

BIORACER JAPANではより多くのサイクリストの方に圧倒的なパフォーマンスを提供するべく、また多種多様な体型・ニーズに応える答えの1つとして、「Vapor pad」Size pad system(以下、SPS)を展開いたします。この革新的なシステムによって快適性の追求だけではなく、より多くのサイクリストを勝利に導くと確信しています。

Size pad system(SPS)を採用するのはBIORACER JAPANでも屈指の人気を誇る「Vapor pad」

Vapor padを細かく分析し、サイズ別に「SMALL」「PRO」「PLUS」の3つの大きさに分類し、それぞれのサイズに合うパッドをセレクト。従来はどのウェアサイズも同一パッドでの提案が常識でした。しかしこれからはVapor pad搭載のウェアをご注文頂いた場合日本国内のみ自動的に、サイズ別に3つのパッドへと振り分けられる仕組みとなっています。

 ※ご注文時期より全サイズPROパッドが装着されている場合もございます。

同一規格サイズのパッドを使用してることに疑問

SPSは、選手個々のパフォーマンスやフィッティングに照らし合わせたときに非常に大切になってくると感じています。例えば180cm80kgの体躯のしっかりとした選手と155cm45kgの小柄の選手が同一サイズのパッドを着用し何千回とペダリングをするのです。明らかに小柄の選手にはパッドは過剰に大きく、適正なフィッティングを妨げパッド本来の役割が果たせていませんでした。

いくら品質の良いパッドやビブショーツ、エアロスーツを開発してもフィッティングが個々に合っていなければ性能は発揮されません。

元々バイクフィッティングの分野から始まったBIORACERは、”フィッティング”に関して人一倍熱心であり努力家であり、研究を惜しみません。この度発表させて頂いた新サービスSPSは、これまで積み重ねた数多くのトッププロサイクリストやアマチュアサイクリストの声を反映し、本国と長い協議を重ねた結果、BIORACERが自社生産しているパッドのパフォーマンスを最大限引き出せると信じています。

BIORACERはカスタムオーダーのご相談をいつでも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

Vapor padの詳細はこちらから

カスタムオーダージャージのお問い合わせはこちらから

株式会社Clannote  – クランノート
WEB:https://bioracer.jp
WEB:CaLORS Webショップ – サイクルアパレルWebショップ