各国でシクロクロス選手権が開催、新たなチャンピオンが誕生!

BIORACER


Photo:Belgian Cycling
1月12、13日にヨーロッパ各国でシクロクロスナショナル選手権が開催され、新たなチャンピオンが誕生しています。

ベルギー

BIORACERの母国、シクロクロス大国ベルギーでは4連覇を狙っていた世界チャンピオン・ヴァンアールト選手(VAN AERT Wout/CIBEL-CEBON OFFROAD TEAM)を抑え、トーン・アールツ選手(AERTS Toon/TELENET FIDEA LIONS)が初タイトルを獲得しました。


アントワープ郊外の重たい泥のコースで開催されたレースは、序盤ヴァンアールト選手がリードで進みましたが、後半に失速。残り2周でアタックしたアールツ選手が、最後まで逃げ切り勝利しました。

オランダ


Photo:KNWU
ベルギー同様にBIORACERのナショナルジャージを採用しているオランダでは、マチュー・ファンデルポール選手(VAN DER POEL Mathieu/CORENDON-CIRCUS)が優勝。ベルギー選手権で優勝したトーン・アールツ選手のチームメイト2名を抑えての勝利でした。

スペイン

 


Photo:#CECXPontevedra19
また、スペインは、昨年末に来日して宇都宮シクロクロスで連覇を達成したフェリペ・オルツ選手(Felipe Orts Lloret/DELIKIA-GINESTAR)が見事に優勝。昨年2位だった雪辱を果たし、チームメイトのイスマイル・エスティバン選手(ESTEBAN AGUERO Ismael)から再びスペインチャンピオンの座を奪還しました。


UCI公式サイト・シクロクロスリザルトページ


ニュースレターに登録してカラーズの最新情報と特典を手に入れよう。
・限定商品やキャンペーン等、ニュースレター会員限定のおトクな情報をお届けします
・ニューモデルの商品情報や販売開始時期
・イベント出展予定や販売店様でのセール情報
公式オンラインショップ/CaLORS Webショップで使える期間限定クーポン(不定期)
・先行予約販売商品なども随時ご案内させていただきます
ご登録いただくメールアドレスをご入力後に【登録】ボタンをクリックしてください。


配信は不定期になります。配信形式はHTMLならびにテキスト形式になります。

カテゴリー