【ツアー・オブ・ブリテン】第2ステージ Dimension Data for Qhubekaチームレポート

BIORACER, レース情報

ツアー・オブ・ブリテン第2ステージ、イングランドのKielder water and forest parkからBlythに至る211kmの今大会最長ステージ。レースの早い段階で7名の選手が先行しましたが、決定的なタイム差を広げることができず、ゴールまで残り15km地点で全ての選手がメイン集団に吸収されました。その後、Philippe Gilbert選手 (Quick Step Floors)が抜け出しますが、これも数km逃げたのみで元に戻りました。ゴールまで1km地点でTeam Dimension Data for QhubekaのMark RENSHAW選手がEdvald BOASSON HAGEN選手をリードアウトしながら集団前方に移動、ゴール直前でEdvald BOASSON HAGEN選手が先頭でスプリントを開始し、そのままフィニッシュラインを超えました。しかし、残念ながらスプリントの際の斜行によりElia Viviani 選手(Team Sky)の進路を塞いだとの裁定で、降格処分となってしまい、タイム差無しながら109位となってしまいました。 チームレポートはコチラ(Team Dimension Data for Qhubekaのサイトに移動します。) レプリカモデルのチームサイクルジャージ、販売中! ※ご好評により残りビブショーツのみになりました。 BIORACERサイクルジャージの詳細はこちら(CaLORS Webショップ)


ニュースレターに登録してカラーズの最新情報と特典を手に入れよう。 ・限定商品やキャンペーン等、ニュースレター登録者限定の情報をお届け。 ・特典やその他最新情報をご案内 ご登録いただくメールアドレスを入力、登録ボタンをクリックしてください。
配信は不定期になります。配信形式はHTMLならびにテキスト形式になります。]]>