勝つためのウェアVol.05:平面構造パッド『SMOOTH UNI(スムース ユニ)』 | bioracer.jp

勝つためのウェアVol.05:平面構造パッド『SMOOTH UNI(スムース ユニ)』

WE MAKE YOU FASTER


サイクルショーツ、ビブショーツやエアロスーツなど、数多くのウェアメーカーがイタリアの専業メーカー製パッドを採用しています。それらの多くは、1.複数素材の組み合わせ 2.立体構造 3.高い吸汗速乾性を特徴としていますが、果たしてこの3つの特徴が良質なパッドの条件といえるのでしょうか??

バイクフィッティングシステムからサイクルウェア開発へと進んだBIORACERは、製品開発スローガン『 WE MAKE YOU FASTER 』実現のため独自に収集した膨大な研究データや、トップアスリートによる度重なるテストの結果などから、全く異なったパッド理論を導き出しました。
3D立体構造パッドを各社が採用する理由は、通気性とクッション性の両立です。しかし、3D形状にするための溝によりかえってフィット感が失われてしまい、パッドと身体に隙間ができ、股ずれなどのトラブルにつながります。そこで、BIORACERはあるべきところにクッションが当たるように、フィッティングを第一に考えました。そして、最終的にシンプルな構造のワンピースのパッドに辿りつきました。それが、1.単一素材 2.平面構造 3.高い通気性と発散性を特徴とする『SMOOTH UNI(スムース ユニ)』パッドです。
1:単一の低反発素材の密度を部位により変えることで高いクッション性を実現。
2:段差がない平面構造により摩擦や擦れの不快感を解消、股関節の動きに追従しパフォーマンスの低下を防止。
3:肌とパッドの接触点を削減するディンプルテクノロジーで、通気性を確保し、汗の発散を促進。

さらに、数mm単位でパッド位置を調整する高い縫製技術が加わり、軽量化と履き心地の良さなどにより1つでもストレスを軽減する事で、サイクリストのパフォーマンスを維持できるウェア(ショーツ、タイツ、スーツ)が提供可能になったのです。

BIORACER『SMOOTH UNI(スムース ユニ)』パッド

BIORACER『SMOOTH UNI(スムース ユニ)』パッドの特徴
■スムーステクノロジー
・単一素材の密度を部分的に変えてパッドを形成
・パッドの伸びに偏りがなく履き心地が快適
・継ぎ目の無い表面で摩擦や擦れの不快感を軽減
・大幅な軽量化を実現

■4WAYストレッチ
・伸縮性の高い単一素材
・サイクリストの動きに追随
・平面で適度な厚みのパッド
・股関節周りの動きがスムーズ
・パフォーマンスの低下を防止

■ディンプルテクノロジー
・パッドと表層、双方に通気のための穿孔形状(穴)を採用
・肌とパッドの接触点を削減し通気性を向上
・長時間の着用でも汗の発散を促進し肌面をドライにキープ

■洗浄耐久性抗菌処理
優れた耐久性の抗菌処理で常に清潔で臭いの発生を防止します。

■優れた縫製技術
自社工場で腕の良い職人が、ショーツをマネキンにセットして数mm単位でパッド位置を調整しながら装着。また、各サイズに応じた適正位置への装着技術が、快適なショーツを生み出しています。

関連記事一覧