【Bioracerオーダーサイクルジャージ】ビオレーサー素材紹介 – シームレスグリッパー

BIORACER, BIORACER オーダージャージ, 商品・機能紹介

サイクルショーツの裾には、ペダリングで裾がズレてしまうことを防止するための”グリッパー”が装着されています。現在の”グリッパー”は、内側にシリコン製のドットやラインがプリントされたり、織り込まれた”グリッパーテープ”が主流です。グリッパーテープは、伸縮性に優れショーツの裾をしっかりと保持してパッドのズレを防止したり、生地による擦れを防止できる点では大変優れていますが、縫製部分により生地の伸縮性が制限されてしまい、人によりキツく感じたり、逆にゆるすぎたりする場合もあります。

ビオレーサーのグリッパーテープは、他社の製品に比べ、柔らかな着心地とグリップ力を両立しながら、高い耐久性を考慮して適度な”厚み”のあるテープ素材を採用。それでいて、優れた伸縮性により過度の締め付けを感じさせない絶妙なバランスを実現。他社製のショーツとは比べ物にならない、優れた裾仕様となっています。それでも、ビオレーサーではさらに優れた着心地とグリップ力の両立を目指して”シームレスな裾”の開発を続けてきました。

従来から、ショーツの裾部分の内側に直接シリコン製のドットやラインをプリントしたり、シリコンの糸を織り込んだ”シームレスな裾”の他社製ショーツは存在してはいましたが、グリッパーの大きさや数量、配置など様々な組み合わせがあり、着用する人の体型などにより必ずしもベストなものと言えるものがありませんでした。

ビオレーサーでは、これまで培ってきた膨大なノウハウや世界中のトップアスリートからのフィードバックなどを元に、素材メーカーとともに”シームレスショーツ”に最適な生地を2年間に渡り、研究・開発。そして、ついに”シームレスショーツ”に理想的なグリッパーを織り込んだ生地が完成、従来からのレース用モデル「RACE(レース)ライン」の上位に位置する、ビオレーサーの新たなハイエンドモデル「EPIC(エピック)ライン」のモデルに採用されました。

グリッパー部分のみだけを見ると、”グリッパーテープ”や他社製の”シームレスショーツ”との差をあまり感じませんが、EPICラインのシームレスショーツは、以下のような特徴を備えています。

1. 縫い目の無いストレスフリーな着心地と優れたフィット感
2. 縫い目やグリッパーテープによる締め付けを軽減
3. グリッパー部分に汗が溜まらず、肌トラブルを防止
4. しっかりとショーツ部分をキープ、パッドのズレや生地との擦れも防止

さらに、ビオレーサーでは、”グリッパー”を織り込むだけでなく生地の部位により素材の密度を調整し、着圧をコントロールすることにより高いパフォーマンスを発揮できる仕様も同時に実現。同じ生地をショーツだけでなく、半袖ジャージの袖部分にも採用、究極のエアロ効果を発揮しながら優れた着心地も発揮するロードレースに特化仕様を実現しています。

※オーダーサイクルジャージのEPICラインについては、現在準備中です。



ニュースレターに登録してカラーズの最新情報と特典を手に入れよう。
・限定商品やキャンペーン等、ニュースレター会員限定のおトクな情報をお届けします
・ニューモデルの商品情報や販売開始時期
・イベント出展予定や販売店様でのセール情報
公式オンラインショップ/CaLORS Webショップで使える期間限定クーポン(不定期)
・先行予約販売商品なども随時ご案内させていただきます
ご登録いただくメールアドレスをご入力後に【登録】ボタンをクリックしてください。


配信は不定期になります。配信形式はHTMLならびにテキスト形式になります。

カテゴリー