【Bioracerサポートライダー】福田咲絵選手が【BIORACERスピードセンター】を体験 – vol.1

BIORACER, サポートライダー/チーム

BIORACER_Japanでは、海外の舞台にチャレンジしているアスリートをサポートしています。今回は昨年度の全日本学生選手権個人ロードレース覇者の福田咲絵選手(慶応義塾大学)が、都内のトライアスロンコンセプトストア・アスロニア様内の【BIORACERスピードセンター】でBIORACER AERO(ビオレーサーエアロ)仮装風洞実験システムとINDIVIDUAL SUIT(インディビジュアルスーツ)の採寸を体験した際の模様をお届けします。

福田選手は、「慶応義塾大学自転車競技部」と、国内JBCFレースに参戦している「FIETS GROEN 日本ロボティクス」でレースに参戦しています。今回は、昨年に引き続き連覇を狙っている全日本学生選手権に向けてタイムトライアルでのエアロポジションのチェックとその際の空気抵抗などの数値を確かめてみたいとのご要望でビオレーサー エアロを体験いただきました。

BIORACER AERO(ビオレーサーエアロ)・仮想風洞実験システム体験

ビオレーサーエアロとは

ビオレーサーが提供している最適なエアロポジションの決定とトレーニングのためのツール。ベルギーの国家プロジェクト・バイクバレーに参加しているビオレーサーが、実際の風洞実験で得た膨大なデータを基に開発した仮想風洞実験システムです。アスロニア様では2月よりビオレーサーエアロを使ったエアロポジションのチェックおよびトレーニングのサービスを開始しています。

ビオレーサーエアロを体験

まずは、福田選手がタイムトライアルで基準としている想定スピード42km/hに設定して、基準となるエアロポジションをキャプチャーしてシステムに登録。画面の黄色い輪郭線が基準として登録されたエアロポジションです。その前面投影面積が0.4152m2、必要なワット数は298Wであることが画面右上の枠内に表示されています。

画面に表示される数値は、マイナスの場合はグリーン、プラスの場合は数値によりイエローからレッドで表示され、一目でポジションの変化による数値の違いを視認できるようになっています。トレーニングで追い込んでいる状態で、細かな数値まで追えなくても、視覚的にイエローとレッドの色で警告されるのが感覚的にすぐにわかり、正しいポジションを意識することができます。

楽な姿勢では前面投影面積が増えているので、レッドで53Wプラスになると表示されています。

ポジションの違いにより表示される空気抵抗、走行スピードなどの数値を画面を見ながら確認していきます。例えば、上の画像では基準ポジション(輪郭)よりも小さい前面投影面積(-0.00232m2)になっているので、想定スピード42km/hを維持するために必要なワット数が基準よりも16W少なくて済むことを示しています。

>> vol.2に続く… 続いて、ビオレーサーエアロ・模擬トレーニング、インディビジュアルスーツの採寸へと続きます。

福田選手は、明日6/2(日)に開催される全日本学生選手権タイムトライアルで連覇を目指してビオレーサー製のウェアで出走予定です。応援よろしくお願いいたします!!


【サポートライダー】福田咲絵
慶應義塾大学 経済学部4年。体育会 自転車競技部。
学連レースは「慶応大学」、国内JBCFレースは「FIETS GROEN 日本ロボティクス」で参戦。また、シクロクロスレースにも「AX cyclocross team」で参戦。2018年2月から一時休学してフランスに遠征、チーム「Elles pays de la Loire」でUCIレースやCoupe de Franceに参加。
主な成績
2016 全日本大学対抗選手権(インカレ)ロードレース優勝
2017 BIWASE CUP stage9 2位、個人総合3位
2017 JBCF東日本ロードクラシック day2 優勝
2017 修善寺カップ ロードレース 優勝
2018 全日本学生選手権 個人タイムトライアル 優勝
2018 全日本学生選手権 個人ロードレース 優勝

※画像のスーツは他社製です


ニュースレターに登録してカラーズの最新情報と特典を手に入れよう。
・限定商品やキャンペーン等、ニュースレター会員限定のおトクな情報をお届けします
・ニューモデルの商品情報や販売開始時期
・イベント出展予定や販売店様でのセール情報
公式オンラインショップ/CaLORS Webショップで使える期間限定クーポン(不定期)
・先行予約販売商品なども随時ご案内させていただきます
ご登録いただくメールアドレスをご入力後に【登録】ボタンをクリックしてください。


配信は不定期になります。配信形式はHTMLならびにテキスト形式になります。

カテゴリー