【Bioracerサポートライダー】梶鉄輝選手のシクロクロス・ベルギー遠征日記 – Vol.2 初戦編

BIORACER, サポートライダー/チーム


BIORACER_Japanでは、海外の舞台にチャレンジしているアスリートをサポートしています。JTUパラトライアスロン育成強化指定の梶鉄輝選手は、冬シーズンはシクロクロスのC1カテゴリーに参加するなど精力的にレースに参加しています。高校3年生の2017年冬には、文部科学省の海外留学支援制度『トビタテ留学JAPAN!』というプログラムを利用してベルギー遠征に行くなど、その行動力には目を見張るものがあります。

梶選手の2018-2019年のシクロクロスシーズンは、自ら計画して再度ベルギーに渡りレースに参加しています。梶選手の挑戦を遠征日記としてご紹介するvol.2では、初戦のKoppenbergcross(コッペンベルグクロス)レースレポートをお届けします。

 初戦Koppenbergcross(コッペンベルグクロス)に出場しました


梶鉄輝です。11月1日にベルギーレース初戦となるKoppenbergcross(コッペンベルグクロス)というシクロクロスのレースに参加してきました。

前回書いたように、11月1日はベルギーの祝日です。万聖節(諸聖人の祝日)という、全ての聖人と殉教者のために祈るキリスト教の祭日です。この日、ベルギーのKoppenberg(コッペンベルグ)という坂には、シクロクロスを観るために何万人もの観客が押し寄せます。

スタート時間は昼の12時。前日の午前中に自転車を組み立て、コースを視察に行きました。ベルギーのシクロクロスレースに関しては、試走時間の規定などは全くありません。UCIのclass1規模のレースだと、コースの設営は大会の5日ほど前から作りはじめ、観客がビールを飲む専用のテントや、パーティー専用の巨大なテントも一緒に設置されます。

コースは、昨年と全く変わりのない同じレイアウトで、試走はコースを3周しました。Koppenbergcrossの特徴は、なんといっても最大勾配22%を超えるKoppenbergという石畳の激坂を何度も登ること。それから高低差の激しいガタガタの路面の牧場を走り抜けることです。

昨年DVV Trofee(ベルギー国内で開催されているシクロクロスレースのシリーズ戦)に何戦か出場したためか、私のスタート位置は前から3列目。有名選手の後ろのど真ん中を選択しました。


レースは信号の合図でスタート。青のランプと同時に飛び出す。スタートした瞬間の加速の勢いとスムーズさ、選手同士のスピードの差がないところがベルギーのレースの雰囲気だと感じる。スタートから一気に坂の上まで駆け上がる。登りに入るまではロードレースの集団で走っているかのように、どの選手もみな脚を溜めているのが伝わってくる。1人抜かすのに脚を使い切るつもりで抜いていき、登りへ入ると落ちるものは落ちていく、というようなレースになりそうだ

日本でのJCXを1レース走っただけで、まだ私自身も身体がシーズンインできてないと感じていたのもあり、レースでは順位を上げることを意識しました。普通石畳の道路にはどこか走りやすい箇所があるものですが、Koppenbergの登り口にはそれがほとんどありません。全力で駆け上がり約30位くらい?というところでコースの頂上を曲がりピットに向かう。コーナーから立ち上がるところで使い切った脚を休めることが出来ず、周りの選手にパスされていきます。

その後、30位くらいの位置で周回をこなすも、右肩下がりにペースを落としてしまいました。

この日は比較的ベルギーでは暖かい日でした。朝は10度くらいあり昼には14度くらいまで気温が上がりました。日光が射すので実際の気温よりもう少し体感温度は高かったかもしれません。

半袖のサイクルジャージとビブショーツで走ろうかと思いましたが、本番はシクロクロスワンピースを選びました。いざレースを走ってみるとワンピースの生地が汗の吸収がよく、BIORACERのサイクルジャージは気温が高い日でも迷わずシクロクロスワンピースを選べると確信しました。

 

Vol.3へ続く>>

これまでの連載はこちらからご覧ください>>

 

梶鉄輝選手 採用サイクルジャージはこちら

PRO シクロクロススーツ 長袖
多くのトップ選手たちに高く評価された、ビオレーサーのスピードマスタースピードスーツの技術を応用して生まれたシクロクロス用のボディスーツです。太腿部分には幅広で伸縮性が高く、粘着性を持つ『パワーバンド』を採用。肌への刺激が少なく、また幅を広めにとることで均等に圧力を分散し太腿に程よく密着します。

PRO サイクルジャージ ボディーフィット
BIORACERの定番仕様ジャージ。 エアロ性能とビオレーサー独自のフィット感を最重要テーマとし、ロングライドや競技志向のサイクリストにも適したジャージです。 エアロダイナミクスから導き出された袖の立体裁断と、快適性をも兼ね備えた独自のボディフィット感。さらに最適な通気性能と、UVカット、吸汗・速乾性能も備えています。

PRO ビブショーツ
着心地が快適なLYCRA生地を使用。裾にワイド幅のグリッパーを採用し、ショーツを最適な位置に保ち快適な着心地が続きます。伸縮性の高いメッシュのビブが動きを妨げることがなく、ショーツの背面部分は耐久性を高めるため二重のライン仕上げ。ビブの背中部分には、無線や携帯電話などを納める、小さなポケットを備えたプロチーム仕様。

 

【選手紹介】梶鉄輝選手

梶鉄輝
1999年12月17日生まれ、兵庫県川西市出身。
小学2年時に関西シクロクロス大会で初優勝したのをきっかけに自転車競技を開始。中学校1年時のロードバイク練習中の交通事故により右腕に大きな障害を負う。それでも、退院した翌年にはヒルクライムレースに復帰、リハビリに取り組みながらも自転車競技を継続。高校では自転車競技部に入部、兵庫県自転車競技連盟から県代表に選ばれ、全国高校選抜自転車競技大会に出場する一方、マウンテンバイクやロードレースにも参戦、入賞も多数。高校3年生時には、文部科学省の留学支援制度で、自転車競技の本場ベルギーへの自転車留学も経験。

梶選手応援サイトhttp://tetsukikaji.com


ニュースレターに登録してカラーズの最新情報と特典を手に入れよう。
・限定商品やキャンペーン等、ニュースレター会員限定のおトクな情報をお届けします
・ニューモデルの商品情報や販売開始時期
・イベント出展予定や販売店様でのセール情報
公式オンラインショップ/CaLORS Webショップで使える期間限定クーポン(不定期)
・先行予約販売商品なども随時ご案内させていただきます
ご登録いただくメールアドレスをご入力後に【登録】ボタンをクリックしてください。


配信は不定期になります。配信形式はHTMLならびにテキスト形式になります。

カテゴリー