UCIシクロクロス世界選手権で発揮されたウェアの実力

BIORACER

週末の1月28(土)・29日(日)にルクセンブルク・ベルヴォーで行われたUCIシクロクロス世界選手権2017。シクロクロス2016-17シーズンのエリート世界王者は、男子がベルギーのワウト・ヴァンアールト(ベランダスウィレムス・クレラン)、女子はサンネ・カントが獲得しました。

シクロクロス王国のベルギーを印象付けた今年の戦いで、ベルギー勢が身に着けていたのはもちろんビオレーサーです。サイクルジャージメーカーがひしめくなか、ベルギーやオランダのナショナルチームが長年採用しているビオレーサーのサイクルジャージには、大きな違いが2つあります。

1) 研究し尽くされた適材適所
BIORACERが採用する素材(生地)、パネル形状、細部の仕様には、全てに意味があります。蓄積された膨大な研究データとトップアスリートからのフィードバックに裏打ちされた製品には、市場で今流行しているから、などとという曖昧なものでは一切ありません。

①最適な素材を最適な箇所(パネル)に使いパフォーマンスを最大限高め ②素材の特殊な構造で過酷な状況でも自然に汗や熱を逃がし ③バイク上でエアロダイナミックな効果を最大限得るためのショーツの裁断、生地、パッドが計算し尽くされて配置されています。

2) シクロクロスで効果絶大な素材 – パワーアイレット
ストレッチ性の高い素材、パワーアイレットにより独特なパネル形状を再現。サイドパネルをなくし、より体にフィットすることで、ラン・担ぎなど激しい動きにもストレスフリーを実現しています。非常に撥水性の高い素材で、実際に世界戦を観てみるとビオレーサーがサポートしている選手のサイクルジャージに泥がついていないのが分かります。

このナショナルチームが採用しているBIORACERのエアロスーツは、みなさまのチームでも実現が可能です。シクロクロスのエアロスーツをご検討のチーム様には、次の2つのアイテムがおすすめです。

商品詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

【BIORACERのオーダーサイクルジャージ】
ビオレーサーのオーダーサイクルジャージなら、高機能な素材で、トップ選手も使うサイクルジャージをあなたのチームで実現できます。ぜひ一度商品ラインナップをご覧ください。

まずはこちらからメルマガ登録をお願いします。

カテゴリー