シクロクロス世界選手権・レース結果

Race

オランダのファンケルブルクで2日間に渡り開催された「シクロクロス世界選手権」が終了。練習日から降り続いていた雨はレース本番では止んだもののその分重く粘り気のある泥に変化、予想通り急勾配のアップダウンに加え深い泥に各選手とも悪戦苦闘の連続、全てのクラスで熾烈なサバイバルレースが繰り広げられました。

レース結果は、女子U23と男子ジュニアでイギリスの選手が優勝しましたが、他の3つのクラスは全てBIORACERの母国・ベルギーが優勝。また、同じくBIORACER製のナショナルジャージを採用するオランダの選手が全てのクラスで3位以内に入賞するなど、開催国およびシクロクロス強豪国としての存在感を見せつけました。
なお、昨年末に宇都宮シクロクロスに参戦して異次元の速さを披露してくれた【BIORACERのサポートライダー】Felipe Orts Lloret選手(スペイン)はエリートクラス20位でした。日本代表の各選手もそれぞれのクラスに挑みましたが、完走者は女子エリートの與那嶺恵理選手、男子ジュニアの村上功太郎選手の2名のみでした。

●各クラスリザルト
男子エリート
1位 Wout Van Aert選手(ベルギー)
2位 Michael Vanthourenhout選手(ベルギー)
3位 Mathieu Van Der Poel選手(オランダ)
20位 Felipe Orts Lloret選手(スペイン)
53位/LAP 小坂光選手
54位/LAP 竹之内悠選手

女子エリート
1位 Sanne Cant選手(ベルギー)
2位 Katherine Compton選手(アメリカ)
3位 Lucinda Brand選手 (オランダ)
34位 與那嶺恵理選手
37位/LAP 今井美穂選手

男子U23
1位 Eli Iserbyt選手(ベルギー)
2位 Joris Nieuwenhuis選手(オランダ)
3位 Yan Gras選手(フランス)
53位/LAP 織田聖選手

女子U23
1位 Evie Richards選手(イギリス)
2位 Ceylin Del Carmen Alvarado選手(オランダ)
3位 Nadja Heigl選手(オーストリア)

男子ジュニア
1位 Ben Tulett選手(イギリス)
2位 Tomas Kopecky選手(チェコ)
3位 Ryan Kamp選手(オランダ)
45位 村上功太郎選手
67位/LAP 積田連選手

Valkenburg / cyclocross world championships 03,04-02-2018 race day / photo : Wouter Roosenboom

関連記事一覧